電気生理ワークショップ

Home » サービス » 電気生理ワークショップ


電気生理ワークショップ

 神経科学における生物電気シグナルの測定、解析に用いられるin-vitroおよびin-vivoテクニックのすべてをよりよく理解するための知識、スキルが習得できます。

このためにin-vivo モジュール、in-vitroモジュール、シグナル解析モジュールを含む理論的および実技的アプローチが用いられます。

公開制

  • 研究者、医師、エンジニア、ポストドク研究者、PhD学生、テクニシャン等

目的

  • U電気生理学の歴史的、概念的基盤の理解と習得
  • in-vitro, in-vivoテクニックの理論的および実用的知識の習得
  • データの理解と処理

内容

  • 50% 理論 50% 実技
  • E-Phy-Science研究者および外部講師(IPMC, INMED, IGF)による理論的トレーニング..
    • 実用的応用:参加者による.in-vitro, in-vivo測定および収集データの解析.
  • グループディスカッションにより終了.
  • 全コース内容のUSBキー配布.

インフォメーション

  • 5日間、計35時間
  • 参加者は9名限定..
  • 南仏での”All-inclusive”コース
  • ワークショップ、ランチ、コーヒー休憩および朝食付5泊

次回予定

201742428

ダウンロード

詳しい情報は弊社ホームページのお問い合わせから、件名“ワークショップ”としてお問い合わせください.